2017年2月12日 (日)

あしあと

北山で出遭う動物といえば、シカ。それからタヌキとキツネ、リス、アナグマ、そしてイノシシ。これくらいかなぁ。

 

他に、なかなか出遭わないけれど、確かにいるのはクマ。そしてウサギ。これらは糞だったり、食痕だったり、足跡だったりと、その「痕跡」を見て確かに「いる」と感じるわけです。特に、雪の上に残る足跡は、リアリティに溢れています。

すぐに分かるのは、ウサギ、そしてシカ。でも、これまであまり見たことのない足跡がありました。

 

Dsc01118
これは何の足跡だろね?

 

Dsc01119
とてもリズム良く歩いて(走って?)いる。

いろいろと調べてみて、ふむ、テンの足跡ではないだろか? ご存知であればぜひ教えていただければ。

 

 

Dsc01125
こちらは、足跡交差点?!

 

Dsc01126
イヌかなぁ。タヌキもこんな感じ?

 

Dsc01127
これはさっきと同じ。テンではないか?

 

Dsc01128
う~ん、これもよく分からない (^◇^;)

でも独りで雪の中を走っていると、何者か分からなくても他の生きものの痕跡を見つけたときは、ちょっと嬉しかったりする (^-^)

 

 

 

Dsc01137
 

 

 

 

| | コメント (4)

2017年2月11日 (土)

2月の雪

暖かだった立春も、春の予告だけで、またまた厳冬に逆戻り。「週の後半は大雪に注意を」と云われて散々身構えていたけど、幸い京都はそれほど降らなくて、朝晩の通勤も、仕事先への移動も、石橋クンで大丈夫でした。や、念のため長靴とカッパは積んでましたけど (^o^)

 

金曜の晩には飲み会があって、これも雪を心配したけれど、それほどでもなく、ようやく11時頃になっての帰り道で、しんしんと降り始めました。

 

P1017837
積雪1センチ、といったところでしょうか。

 

次の朝、起きたら、けっこう積もってるかなぁと思いながら寝ましたら…

 

P1017842
手すりの上は積雪10センチくらい。

 

P1017844
地面も所々見えており、青空も広がってたり (^-^)

でも日陰は凍結もあり、パン屋さんへ行く道で、スクーターが思い切りスリップダウンするのを見ました。赤信号で停まろうとしてブレーキをかけたところが凍ってたようで (^^; 「大丈夫?」と声を掛けたら大学生くらいの男の子で、気まずさ、恥ずかしさ、強がり、そんな照れ笑いで立ち上がりました。

 

 

さて、朝練へ、というか朝の散歩へ。や、最近はもう寒くて、自分を追い込むほどの走りはできず、ほぼポタリング状態。それでもキンと空気の冷えた北山を走るのは気持ちいい。

 

Dsc01158
通学橋から北を望む。奥の山は、白いねぇ。

 

このところ爪先の冷たさが一番の限界になるので、この日はカイロのミニを爪先に仕込んで来ました。けっこう効きます (^-^)

 

Dsc01163
四季を通じたお気に入りの撮影ポイントで。

 

Dsc01166
整然とした北山杉の人工林に雪が積るのもまた、をかし。

 

Dsc01169
生活道路は除雪されていて、でも日陰はシャーベット盛りだったりで油断禁物。

 

Dsc01174
むむむ、持越峠は雪雲の中。。。

 

Dsc01178
峠への道は、除雪されてません。ワダチが頼り (^o^)

 

Dsc01181
ここもいつもの撮影ポイント。最近は専ら、ユーラシア・パスハンです。

ハンドルカバーが指先にやさしいのです (^-^)

 

P1017859
少しずつ、雪が深くなります (^^;

ペダルをグイッと踏むと後輪が空転しますので、じんわりと回すように踏みます。それでも滑りがち。

 

P1017861
ようやく峠。(この電柱と電線は去年まで無かったのに)

 

で、持越峠の展望。。。

 

Dsc01183
て、見えませんがな (;´Д`)

 

Dsc01187
こっち向き、近場は多少見えます。

 

Dsc01188
雪雲にお日さまが透けて。レンズの汚れみたいなのは雪の粒のシルエット。

 

 

で、折り返して戻りますが

 

Dsc01190
下りはコワイです (; ̄ー ̄A

 

Dsc01193
出合橋のベースキャンプへ。本日の一番乗り (^-^)v

 

Dsc01195
帰る先には青空も見えてきました。

 

春、遠からじ。。。

 

 

 

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

早春キラキラ

節分が明けて、2月4日は立春。今年は珍しく陽気に包まれて、ほんとに春が来たみたいでした。

 

Dsc01009
ネコヤナギのようなかわいい芽。

 

Dsc01008
でも、何本もの枝がくっついて帯状になっていて。

 

Dsc01015
セッカヤナギ(石化柳)というそうです。

 

市街地の雪もすっかり消えました。

 

Dsc01020
上賀茂あたりもポカポカと春の日差し。

 

Dsc01016b
カモも心なしか嬉しそう (^^;

 

陽気につられ、いつもと違う林道にも入ってみる。

 

Dsc01057
ほら、春がキラキラしてる (・∀・)

 

Dsc01060
ピン球にも、春が映ってる (・∀・)

 

でも足元は・・・

 

Dsc01056
地面のシャーベットが、まとわりついて (^^;

 

Dsc01023
道端には朽ちた自動車が。

 

Dsc01024
何年モノの何だろう?

 

Dsc01048
しかし、倒木が多い。何度乗り越えたことやら (; ̄ー ̄A

 

Dsc01047

 

Dsc01046

 

Dsc01040

 

Dsc01031
この倒木は、皮が剥がれていて。

 

Dsc01033
きれいな木肌が出てた。まさしく北山丸太。

 

Dsc01034

 

Dsc01039
ここで進むのを断念。

来た道を戻ります。どうせ行き止まりの林道なのです。

 

 

で、今度は早刈谷へ。ようやく雪が融けてきて、なんとか走れるようになりました。

 

Dsc01066
でも、こちらも倒木が道を塞いでいます。

 

Dsc01071
仕方なくここで折り返します。

 

 

で、下りは雪の深いところを、路面ばかり見て走っていたら…

 

Dsc01075
この木に捉まってしまいました (>_<。)。。。

 

Dsc01077
たぶんジャケツイバラです、近年どんどん繁殖している。

 

 

Dsc01082
太い幹のトゲは痛いだけなのですが…

 

Dsc010181b
細い枝のトゲは先っちょが鉤に曲がっていて、捉えたら離さないのです。

無理に引っ張ると、服はほつれるし、手は傷だらけになるし (^◇^;)

そうっと、ていねいに外すしかありません。でも背中に引っ掛かった枝は、自分では見えないので外すのに往生しました (;´Д`)

 

そんな立春でした。。。

 

 

 

| | コメント (3)

«若冲の絵に貼り紙