2016年9月21日 (水)

新車納品

先週末、新しい自転車が納品されました。

 

P1140287b
TernのRallyという自転車。

 

P1140289
カテゴリーとしたら、クロスバイクになるのかな。

 

P1140288b
オーナーは、KZM48ちゃんです。

や、8月のアイズさんの朝サイに参加して自転車熱が極まったようで、それからはWeb検索と、市内の自転車屋さん巡りを重ねる日々。Webで気になった自転車の実車確認をしたり、店員さんの話を聞いたり。でも探すこと自体も楽しんでいたようで、巡った自転車屋さんは20軒近いとか。

 

条件として、予算は10万円まで。それと150cmほどの身長。これが結構ネックになったそう。オススメを相談されて、なるべくワタシの好みや価値観は押し付けぬよう気をつけて(笑)、客観的な意見を述べました。

まずはコスパの高いGIANTの自転車で、THRIVE2やAVAIL4などレディース仕様のアルミ製スローピングフレームのやつを薦めてみる。

Gthriv2_2GIANT THRIVE2

Gavail4 GIANT AVAIL4

XSやXXSサイズがあって、対象身長は145~160cmだし。でもKZM48ちゃんはアルミのスローピングじゃなくて、細身のスチールパイプでホリゾンタルフレームが好みのよう。これは難しい。アイズさんにも小さなサイズの中古車がないか聞いてみたけど、今はありませんねぇとのことでした。

 

440mmサイズが用意されているアラヤのフェデラルを見つけて薦めると「姉妹車ラレーのクラブスポーツもいいですね♪」と返ってきた。でも小さなサイズはスローピングになっちゃう。

Arayafedimgrc0062474952 ARAYA Federal

Araleigh16clb02_2  Raleigh CLB Club Sport

 

さらにはトーキョーバイクとか、ちょっと予算オーバーだけどEBS HOBOも気に入ったと。でもサイズが…

Atokyobike26 TOKYOBIKE 26

 

Ebshobo EBS HOBO

 

「自転車って、こんなに綺麗だったんですね ("▽"*)」 とか、連日のようにキラキラメールが送られてくる (^o^)

 

VIGOREへ行ったときにお客のおじさんが目を輝かせて熱心にロードを薦めてくれて、ちょうどXSサイズがあって、かなり傾いたとか。

Avigoreimage1 VIGORE CrMo. Racer

「これなんですけど、どう思います?」と写真も送ってくる (^o^)

でも、「やっぱり自分の使い方は、ドロップハンドルのレーサーじゃないな」と気づいて、またクロスバイクを探す日々に。お洒落な前カゴを付けたいんだって。

 

 

「最終的にフジのバラッドと、アラヤのTJS(ツバメ自転車スポーツ)に絞り込みました!」と。どちらもフロントシングルだけれどWレバー台座は付いていて拡張性があり、ドロヨケの装着も可能。ふむ、なかなかお目が高い♪(^o^)

Afujibald3 FUJI BALLAD

 

Arayatjs440or ARAYA TJS

でもフジは700Cで、見た目のバランスも含めてサイズ的に厳しいということで、650CホイールのアラヤTJS(ツバメ自転車スポーツ)に決めたのだけど、「もう2016モデルは販売終了で、次の納期は来年3月…(; ̄ー ̄A とても待ち切れない!!!」 (≧∇≦)

 

 

ということでまた探し始めて、ついに650Cホイール+ホリゾンタルフレームのTernのRallyを見つけたんだけれど、希望の色とサイズ(460mm)がどこにも無くて、ネットも探し回ってようやく楽天で在庫を確保、「とうとう購入しました~♪(*^。^*)」と報告があったのでした。

Aternrally01

Aternrally_2
Tern Rally / Bordeaux 460mm

通販だったので、その組立と調整を請け負いました。自転車は組んだ状態のままで大きな段ボール箱に入って届けられ、そのままでも乗れそうでしたがハンドルの高さやブレーキレバーの角度などを体に合わせて微調整。ステアリングヘッドが少々締め過ぎで、ある場所でカクンと止まるため、わずかに緩めてやり、前ドロヨケのステーが上下逆になっていたのを反転させる。よし、出来上がり。

 

サドルの下に大きなリフレクターが付いていたけど、うちのユーラシアのシートチューブに付けたテールランプを見て「こっちの方が可愛くていい♪」というので、お祝いに一つプレゼント(使い古しだけど)。あとは「前カゴを付ける♪」と云うてましたので「そこはセンスの見せどころやね」とプレッシャーを掛けて (^-^)

 

P1140290
ごきげんで帰っていきました (^o^)

「近いうちにまた北山散歩に連れて行ってください!」と云うてますので、そのうちチームKの洗礼?を受けてもらいましょう (^-^) 皆さん、遊んであげてください♪

 

気になるのはフロントがシングル(44T)ということ。リヤは8速でローギアは28T。まぁ、坂がしんどかったら押せばいいか (^^;

Aternrallyb
アウターがチェーンガードになっているので、ギアのW化は比較的簡単そう。

ただしダウンチューブ左側には特にレバー台座やアウターカップは用意されていないので、変速機をどうセットするかが問題になる。バンド留めは味気ないし、これはロッド式しかないね (≧∇≦)

 

 

 

| | コメント (3)

2016年9月20日 (火)

直谷へ

せっかくの三連休に傘マークが並んでいましたが、雨雲の隙を突いて出かけました。最近は雨雲レーダーやら1時間天気予報やら各種気象情報の確度が上がってますので重宝します (^-^)

ユーラシア・ディアゴナール改パスハンにはブロックタイヤを履かせているので、行くならダート林道としばし考え、直谷を上がることにしました。

 

雲ヶ畑街道を行くと、賀茂川の中に見慣れぬモノが。

 

P1140265
なんだろね? わずかに動いているけど。

 

P1140266b
え? ヒトですか?! シュノーケルとマスクで水中を探っているよう。

釣り人が川虫でも採っているのだろうか? それとも魚影を確認している? いずれにせよ普段あまり見ない光景でした。

 

 

さらに行くと、道の真ん中に大きな石? 近づくと、バサバサッと飛び上がり、電柱の上にとまった。

 

 

P1140270b
トンビ?! まだ幼いね。もしやワタシの頬に傷をつけた奴か? (^◇^;

 

 

そして出合橋から中津川沿いに直谷を上がります。この谷は何となくヒトの領分じゃないような雰囲気があって、独りで行くのは緊張するというか、ちょっと怖いんですよね (^^;

 

P1140285
松尾谷や魚谷とは違って妙に静かで、ヒトの痕跡があまり無い。

トゲトゲのジャケツイバラがクネクネと群生しているところなど、見ただけでゾゾっとするし、ヒト以外の何が出てきてもおかしくない空気があって、身を置いて休んでいても落ち着かないというか (^^; や、単に行き慣れてないだけなのかもしれませんが。

 

出合橋から小一時間登ると、「麗杉荘(れいざんそう)」という山小屋があります。

 

P1140273
麗杉荘の前で。以前は手入れされてたけど、最近は放置されてるよう。

 

P1140275
どんどん朽ちていってます。管理者(設置者)はどこだっけ。

 

と、向かいの斜面にアケビの実のようなものが生っています。

 

P1140280
アケビとはちょっと違うなぁ。豆の莢のような感じ。

 

P1140283
よく見ると、茎に鋭いトゲトゲが (; ̄ー ̄A

なんと、ジャケツイバラ(マメ科)の莢でした。今までも生ってたんでしょうけど見過ごしてたようで、初めて認識しました。どうしてもジャケツイバラは黄色い花が咲く5月の印象が強いので。

 

P1130106
これがジャケツイバラの花。 2013.05.31.直谷にて

そういやこの植物、最近どんどん繁殖域を広げています。鮮やかで少し妖しげなその黄色い花を、雲ヶ畑入口の川岸や砂ヶ瀬の斜面でも見かけるようになりました。

 

P1130105
ジャケツイバラの鋭いトゲ。 2013.05.31.直谷にて

気づかずに横を通ると、腕を引っ掻いたり、シャツを破ったり、厄介なヤツです。 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

秋の色

秋の色といえば、、、 カキ?!(≧∇≦)

 

P1140228
大津市の上龍華町で。この木だけ全ての実がオレンジ(柿色)に色づいてた。

写真を撮ろうと木の下に自転車を停めたら、通り掛かったおばさんが

 

「あんまり美味しくないよ~(^o^)」 って。

 

いかにも食べそうに見えたのかな?!(≧◇≦)ノ

 

 

秋の色といえば、、、 ヒガンバナ。

 

P1140232
♪紅い花なら曼珠沙華~  これも上龍華町の畦道で。

今日は彼岸の入り。「暑さ寒さも彼岸まで」と、我々の年代は口にするけど、今の子らは多分云わないだろうね (^^;

 

 

この日は江文峠を越えて、途中峠を越えて、琵琶湖へ。

 

P1140198
まずは還喜(もどろぎ)神社で「無事に還ってこれますように」と祈願して。

 

P1140200
下龍華町あたりで、琵琶湖方面を望む。

 

P1140204
小さな丘を越えると、住宅地越に琵琶湖が見えてくる。

 

P1140207
一気に湖岸まで下って、真野浜。

 

P1140219
向こうに見える仕掛けは〝えり漁"でしたっけ?

 

P1140208
走ってきたモーターボートを入れて。

 

P1140222
カヌー?も登場。

 

 

それから、えーと、これは…

 

P1140240
マンホールのふた。滑り止めの意匠が、ボルト&ナットみたいで面白かったので (^o^)

 

そして帰りには、例の場所で定点撮影。

 

P1140237
「局便郵中途」前で (^-^)v

 

P1140242
最後は、ヤンマーディーゼル耕うん機の看板前で。

 

いくつかある定番ルートの中で、琵琶湖の真野浜は4時間のコース。江文峠も途中峠もそこそこしんどいけど、フロントのインナー40Tでも何とか行けるので、P.C.D.130のロードでもOKです(覚え書き)

 

 

 

| | コメント (2)

«朝サイで輪行